joyful days

黙々と車を描くブログ

*†ごはんとお絵かき†*
制作中の絵と日常と病人ごはんと時々、愛車。

CGお嬢さんのメイキング

また自動車お休みです、こんばんは。
なんとなくまだCG描けるのかな?とやってみました。
 


では究極の暇潰しメイキング20枚をどうぞ!


メイドみたいな賄(まかな)いさんを描くよ。
特記ない限りphotoshopです。


適当なラフ。マウスで描いた。汗


1


アルパカde実線。


2


アルパカde色分けのための塗りつぶし。

3


photoshopに戻り、色分けを選択ツールで個別着色。髪の毛、開始。


4


髪に色を足す。


5



6



7



8



9


目を入れる。こわい。


10


肌を入れる。白人さんなので赤っぽく。


11


服を入れる。左側の青いのがブラシの見本。
つるつるした感じが好みじゃないので、がさがさ系。

12


リボンと影。

13


あんまり分からないけど、線画を50%まで薄くしました。


14


シャツの色と影。


15



服にテクスチャを重ねます。photoshopに最初から入ってる素材です。


16



シャツにもテクスチャ入れます。同じく純正素材。

17



シンプルすぎたのでベストに金縁、襟に青いライン。


18


ハイライトを入れました。いらん気もする。
あとシャツの線を30%まで落としました。



19



完成(人物のみ)。


20(画像が出ない方は🔗ここ)


アイラインがきつかったので薄くして、若干タレ目を直したつもり…
背景はまた後で考える…


自分のCG技術は12年ごろで止まっているため、オーソドックスな塗りでした。
多分もう当分やりません。笑。
ほんと、人物の顔が苦手で苦手で-_-
背景担当の方が気が楽かも…誰か代わりに顔かいて
 


きになる話


直前とか…えぇ…

姉がもう私をハグしてくれる機会がないというのは不公平だ」と話した。聖書は許しを説いているものの、セリーナさんはマックスフィールド受刑者を許す気持ちには至っていない。ただ、「許したいし、許さねばならない。やがてそういう心境になるだろう」と語っている。


こういうのは複雑…確かに聖書には、
「互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。」


とあります。しかしまだ続きがあります。


「これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。愛は、すべてを完成させるきずなです。」-コロサイの信徒への手紙3章13-14 


愛!
というと恋愛の様な、情熱的な感情が最初に頭をよぎりますが。
例えば、この前のスーパーボランティアさんみたいな、困っている人のために!というのも愛だと思うんですね。


それにハグ。
あの不思議な癒され感、日本じゃ一般的じゃないけれど、外国だと「Free hugs」と段ボールに書いた看板?を首から下げて、街に立っている少年が居たりします。


要するにハグ、無料です!という事なんですが、身内もなく家もなく、心細い人には物凄い癒し。🔗詳しい説明


ホームレスの人とハグするのは躊躇する人がほとんどです。多分自分もそうです。
けれど、その少年は違った。
本当に物凄く、愛おしいというような顔で目を閉じて、ホームレスのおじさんをがっちり抱きしめてました。※ドキュメンタリー映像の話


それで、愛だな、と思ったんです。
私もその場にいたら、迷わず少年にハグしてもらいに行きましたね。笑


若干話がずれました。^^;
セリーナさん、実はあまり知らない方ですが(汗)、お姉さんとハグできないという現実はつらいなと。私も姉がいるので、どんなに喧嘩してもたった一人のおねちゃんだから、自分なら赦せるだろうかと感じます。でもいつかまた天国でお姉さんと笑顔でハグできたらいいな、と祈ります。


ちなみに。
許す=許可する
赦す=謝罪を受け入れる
だそうです。一つお利口さんになったね、自分。笑


ではまた〜